うつ病の種類を把握しよう【メランコリー型や非定型のうつ病】

治療の行われ方

医療

早期治療は効果あり

うつ病はいくつかの種類がありますが、いずれも身体的な疾患が原因でないかを尿や血液、血圧の検査などで調べます。それから病歴や服用中の薬について聞かれ、また困っている現状について詳しく話すよう促されます。症状が出始めた時期やその頃起こった出来事などを整理しておくと良いです。うつ病の種類の内、双極性障害では入院が必要なくらいの躁状態になっている場合は珍しくありません。その場合受診した当日に入院を強く勧められるでしょう。また、一般的なうつ病でも逼迫した状態に陥っている場合や、十分に休養が取れない場合などに入院治療が選択されることもあります。うつ状態は、休養と共に抗うつ剤の服用によって、時間をかけて回復していきます。人によっては再発リスクを下げるために精神療法が行われるでしょう。双極性障害でははっきりした躁状態と抑うつ状態が交互に出る?型と、軽躁状態は出るが躁状態にはならない?型があり、後者はうつ病の治療に近く、前者は気分安定薬などの投与が有効です。どの種類のうつ病でも、早くに治療を始めると、早く回復する傾向が強いです。中でも特に再発リスクの高い双極性障害の場合も早めの治療が重要とされています。治療は再発予防の意味合いが強く、予防療法を行わずにいた患者では年齢を重ねると共に再発までの期間が短くなる傾向にあります。予防療法を行えば、発症率を大幅に下げることが可能です。また、双極性障害の治療では、躁状態の早期コントロールがカギとなっています。躁状態を繰り返すことは社会生活に大きな波紋を広げ、失職したり離婚に繋がったりする例は少なくないからです。さらに、躁状態とうつ状態が落ち着いてからの治療方針に重きが置かれています。うつ病の他の種類、メランコリー型や非定型うつ病などもそうですが、うつ状態にある時期はとにかく休養を取り、決められた通りに服用することが大切です。仕事も何もかも手放したくなることもあるでしょうが、その後の人生に影響を及ぼすかもしれないことを決めるのに相応しくない時期なので延期してください。