うつ病の種類を把握しよう【メランコリー型や非定型のうつ病】

予防と対策をチェックする

ハート

抱え込まないこと

正直な話し、誰もがかかりやすい種類の病気ですから、これが正しい予防法というものはありません。単にうつ病といっても、高齢者のうつ病もあれば、子供や女性、働き盛りの男性に限定する種類まで様々です。今の自分は、以前の自分とどこかが違っていると感じるようなことがあったら、その感覚を決して流してはなりません。ちょっと立ち止まり、ひと休みして、何が違っているのか、振り返りが心の健康を救ってくれるはずです。世間一般的にうつ病を引き起こすキッカケは、ストレスや問題、仕事や暮らしでの障害です。何事もひとりで抱え込まない、孤立して相談できる相手も不満のはけ口も見つからないと、うつ状態が強まる可能性が高くなります。医療機関で推奨しているのは、ストレスをため込まないために、発散できる何かを見つけることを奨めていて、例えば、外に出る機会を増やすことや、人と会う行動派になることです。生涯孤独であるならば、精神科医や心療内科医、産業医を相談役に選ぶこともできます。うつ病は心の病気、何がキッカケで発症するのかは、患者によって異なります。だからこそ、心を開放させる何かを、今おかれている生活環境の中から見つけることが予防の1つになります。うつ病は、気分の変調が起きる病気で、種類によっては思考のまとまりがつきにくくなり、危険を感じて自由に動けなくなる場合もあります。うつ病の治療では、焦らないことが大切とも言われていますから、例えば、1つずつ問題解決や症状の改善に取り組んでいくためにも、精神科や心療内科に心を委ねることも必要な対処法です。かかってしまったなら、自宅療養も有効な方法で、暫く休むことでエネルギーを回復でき、休むことと楽しむこと、この2段構えが本人には大切なことです。ですがこの種類の病気は、本人だけの問題で解決はしません。家族や同僚、友人のサポートが必要です。焦っていることが分かっていても、いつも通りの自然な態度で、あたたかく見守ることが大切です。うつ病の人は、閉じこもりぎみになったり、行動が鈍くなったり、考え方が狭くなったりしますが、周りが見えていないわけではありません。特に家族は、できるだけいつも通りに触れ合って、そして気になることがあれば、専門医やかかりつけ医に相談をし、解決方法を考えていくのが良いでしょう。